Case
Study

導入事例

⼤阪センコー運輸株式会社様 導⼊の⼿軽さ、圧倒的な
費⽤メリットに満⾜

⼤阪センコー運輸株式会社様

PBX

⼤阪センコー運輸株式会社様は、地元に密着した物流サービスを展開するとと共に、全国297拠点のセンコーグループネットワークと連携しタイムリーかつフレキシブルなサービスを展開している。⾃動⾞運送業を事業のメインに据え、それに付帯する形で⾼槻市の倉庫や宅配事業も⾏っている。今回お話をお伺いした管理部業務課⻑の松原様の部署は、近畿2府4県を管轄し、全国で出張所も合わせると28拠点を管轄している。また、⼤阪センコーから分社した阪神センコー運輸・南⼤阪センコー運輸も管理され、計4社分、従業員数1500⼈、⾞両台数200台を管理されている。IT関係の設備導⼊や検討も管理部で集中して⾏い、決断・実⾏まで幅広い。今回当社クラコール/clocall PBX 導⼊を決断された松原様へ、導⼊の経緯を語ってもらった。

クラウド型PBXに注⽬したのは、
今すぐ電話の仕組みが必要だったから

⼤阪センコー運輸株式会社様がクラウド型のPBXの導⼊を検討し始めたのは、急遽、新たに⼤阪府尼崎市に出張所を構える事になった為だった。もともとISDN終了の話を聞いた頃からIP電話やクラウド型PBXの導⼊を検討していたが、なかなかテストや導⼊に⾄っていなかった。そんな中⼤阪センコー運輸様は、尼崎市に1年限定の出張所を作ることになり、新たに電話回線や通信系の設備を整える必要性が⽣じた。しかし、開所の準備を進める中で、出張所を構える当地が電話回線を引くには多くの「時間と費⽤」が必要な場所であるということがわかった。更に、出張所開所までの準備期間が少なく、できれば2週間以内に開通できる仕組みを導⼊する必要があった。⼤阪センコー運輸株式会社管理部業務課⻑の松原様は、「物理的な回線⼯事が不要かつ、すぐに開通できる仕組みはないものか。」と悩み、考えた。そこで松原様は「IP電話やクラウド型のPBXであれば、なんとかなるのではないか。」と考え、本格的に調査に乗り出した。

クラコール/clocall PBX導⼊の決め⼿は、
簡便な⼿続きと費⽤の⼿頃さ

松原様はWEBサイトを中⼼に、IP電話やクラウド型PBXの調査を始めた。しかし検討した企業の多くは、通話料等の費⽤体系も⾮常に複雑で、開通までに多くの時間を要するサービスばかりだったという。数社⽐較検討した中で、当社のクラウド型PBXのサービスであるクラコール/clocall PBXは開通までの期間が最短3⽇と短い上、費⽤が他社と⽐べて圧倒的に安かった。松原様はそこに⼤きく惹かれ、クラコール/clocall PBX導⼊を決断した。松原様は、「費⽤が安く必要な機能も充実していた。開所まで期間が少なかったが、⼿続きも簡便ですぐに開通できた。そこが⼀番の決め⼿になった」と語ってくれた。クラコール/clocall PBXは今回のような急な出張所を構えるタイミングにおいても、即時開通できる仕組みを持っている。

管理者に優しい管理コンソール画⾯の簡便さ

松原様は当社を選んだ理由として「管理コンソール画⾯の簡便さ」という部分についても語ってくれた。松原様は「管理部として多くのIT関係の設備導⼊に携わってきた為、多くの違う業態・サービスの管理画⾯を⾒てきた。その中でもクラコール/clocall PBXの管理コンソール画⾯は⾮常に簡便でわかりやすく、操作も簡単だった。」と語ってくれた。クラコール/clocall PBXは、IT関係に詳しくない⽅でも操作や費⽤体系をシンプルでわかりやすくするという点を重要視している。わかりにくい専⾨⽤語は排除している為、初めて使う⼈にも安⼼である。

出張所を⽪切りに全事業所でのクラウドPBX導⼊に⽬処

松原様は、「⼤阪センコー運輸の事業形態上、出張所や営業所を臨時に構えることが頻繁にある。出張所の建設計画も急に話が浮上し、今すぐに必要となることが多い。その為、今からすぐに必要だ。となったタイミングでも、クラコール/clocall PBXはすぐに開通が可能で導⼊も簡便。携帯電話を契約するような感覚で気軽に導⼊できたのは⾮常に良かった。」と話す。今回尼崎出張所のエリアのみでの導⼊だったが、尼崎出張所を⽪切りに今後すべての事業所の固定電話もクラコール/clocall PBX導⼊を前向きに検討していきたいと松原様は考えている。現在尼崎出張所以外の⼤阪センコー運輸様の事業所では、ISDN回線を使⽤しており他のIP型のPBXを使⽤している。しかしながらそのIP型PBX機能をほとんど使えていない現状だという。松原様は「機能はわかりづらく、電話帳のコントロールも個⼈の端末で⾏っており、事業所間の電話も外線として使⽤している。そこから早く脱出したいと考えている。その点、クラコール/clocall PBXはこれらの問題を解決してくれるサービスであると今回の尼崎の導⼊でわかった。」と話してくれた。

電気通信事業者ならではの⼿厚いサポートに⼤満⾜

松原様は、今回尼崎市の出張所というレベルでの導⼊だったので⼤きく業務効率化につながってはいないが、「営業所にかかってきた電話を、容易にスマホ/スマートフォンで受発信できて⾮常に便利である。」と話す。また、今後回線を増やしていく中でも、クラコール/clocall PBXは、6ユーザー以降基本料⾦はかからずに増やすことが可能なので、事業拡⼤や各事業所導⼊には圧倒的な価格メリットがある。クラコール/clocall PBXサービスを提供している株式会社三通テレコムサービスの⺟体は、全国でも有数の電気通信事業社「株式会社三通」である為、電話料⾦を削減したいといったニーズにも幅広く対応が可能である。松原様は、「カスタマーセンターもそうだが、お客様のニーズに沿った幅広い提案ができるので、⾮常に満⾜。今後⼤阪センコー運輸全体の業務効率化や、コスト削減に貢献してくれると⾮常に期待している。」と話してくれた。クラコール/clocall PBXだけにとらわれない当社のサービスを活⽤した、仕事効率化・顧客満⾜度向上も⽬指したいと意気込んでいる。

新規お申し込み
to top