ヘルプ

ご利用開始後の初期設定-Clocallカスタマーコントロール画面マニュアル

カテゴリ:カスタマーコントロール

ご利用数決定→番号の決定→内線ユーザー作成→着信設定

お申込み審査が完了し認証が終わりましたら、外線の利用ができるようになります。
左メニューの「設定変更」から各種設定が行えます。

最大ご利用内線ユーザーID数・通話録音利用ユーザー数・国際電話の利用有無を設定します。

最大ご利用内線ユーザーID数:
ご利用可能な内線ユーザーID数の最大値です。ここで設定した内線ユーザーID数が当月のご利用料金となります。
次に設定する内線ユーザーIDは、ここで設定した最大ご利用内線ユーザーID数を超えて設定することはできません。

通話録音利用ユーザー数:
通話録音をご利用になる場合はこちらで設定して下さい。内線ユーザーIDの設定で、録音のON・OFFを設定することができます。

国際電話利用可否:
国際電話を利用する場合はこちらをONにしてください。(デフォルトではOFFになっています。)

電話番号を決定します。

ご利用になられる電話番号を選択してください。

内線ユーザーIDを作成、発信時の番号設定や転送設定を行います。

ユーザー追加から、新しい内線ユーザーIDを作成します。

名前・部署は任意、「内線番号」は0000~8999までの4桁でご入力下さい。
「発信時通知番号」は、現在設定している内線ユーザーIDから発信した時に、相手に通知する番号となります。
「通話録音」を利用する場合は「ON」を選択してください。※「ご利用数変更」のタブで、通話録音利用ユーザー数が設定されている場合のみご利用できます。

「転送設定」について
「ビジー時」…当該内線ユーザーIDが話し中で電話に出られない場合、他の内線、もしくは外線電話番号に転送します。
「無応答時」…着信が鳴って20秒以内に電話に出ない場合、他の内線、もしくは外線電話番号に転送します。
「オフライン時」…当該内線ユーザーIDが何等かの原因でレジストできていない場合、他の内線、もしくは外線電話番号に転送します。

着信時の設定を行います。

選択した電話番号に電話がかかってきた時に、「何時~何時」までの間「どの内線」を「どういう風に鳴らすか」を選択します。

1.どの番号(内線・外線・ガイダンス番号含む)を鳴らすか

・内線を鳴らす
電話番号に着信があった時に鳴らす内線番号を選択・もしくは直接記入して下さい。直接記入する場合は、各内線番号を半角カンマ(,)で区切って下さい。

・時間外ガイダンスを流す
時間外ガイダンスを利用したい時は、着信先内線ユーザー欄に「009608」とご記入下さい。

・外線に転送する
外線に転送する場合は、「着信先内線ユーザー」の欄に「外線番号」を入力してください。
例)0300001234
転送先外線番号は、カンマ(,)区切りで複数指定することも可能です。

2.選択した内線番号が着信可能な曜日・時間の設定
着信可能な時間の設定を行います。時間設定は全て半角で「0:00:00」等でご記入・選択してください。
時間設定は日をまたいで設定することができません。18:00~翌日の9:00まで営業時間外アナウンスを流したい場合は、

着信設定1 着信先内線ユーザー:009608、着信時間設定:18:00~23:59:59
着信設定2 着信内線ユーザー:009608、着信時間設定:0:00~08:59:59

のように設定する必要があります。

着信設定の例

以下の設定では、

  • 8:00~19:59の間は内線番号1001と1002が着信可能な状態となります。
    20:00~23:59の間は内線番号1003が着信可能となり、1001、1002は着信できません。
    0:00~7:59の間は、内線番号009608が着信し、時間外ダンスが流れます。

※各着信設定は時間を重複して設定することができません。

アプリ・SIP電話機・PCソフトフォンの設定方法

作成した内線ユーザーIDのレジスト情報をアプリに設定すれば電話がご利用できます。
各種設定方法はこちらを参照下さい。


お試しアカウントの内線設定方法-Clocallカスタマーコントロール画面マニュアル

カテゴリ:カスタマーコントロール

内線設定(試用)から内線ユーザーIDを作成し、機器設定・通話テストをしてみましょう

新規アカウント作成が完了して、カスタマーコントロール画面にはじめてログインしたところです。

左メニューの「内線設定(試用)」から内線ユーザーIDを作成し、内線通話テストやアプリやSIP電話機への設定テストが行えます。
すぐに外線や4つ以上の内線を利用したい場合は、真ん中の青いボタン「利用開始のお申込みはこちら」ボタンを押して、利用開始申請に進んで下さい。

内線ユーザーIDを作成します。

内線番号は0000~8999の間(4桁の半角数字)で指定することができます。

レジスト情報を確認します。

内線ユーザーIDの作成が完了したら、レジスト情報(アプリやSIP電話機に設定する情報)が発行されます。

追加内線IDを作る時も同様に設定して下さい。

※お試し期間中は外線の発着信ができません。通話テストを行う場合は内線アカウントが2つ以上必要となります。保留転送などのテストを行う場合はアカウントを3つ作成してテストを行ってください。

アプリ・SIP電話機・PCソフトフォンの設定方法

作成した内線ユーザーIDのレジスト情報をアプリに設定すれば内線通話テストが行えます。
各種設定方法はこちらを参照下さい。

Acrobits Softphone(Android版)の初期設定方法

カテゴリ:アプリ・機器設定

Acrobits Softphone(Android版)の初期設定方法


アクロビッツソフトフォンをインストール
GoogleStoreでAcrobitsSoftphoneをダウンロード・インストール

アクロビッツソフトフォンをインストール
同意するをタップ

アクロビッツソフトフォンをインストール
開くをタップ

アクロビッツソフトフォンをインストール


アクロビッツソフトフォンをインストール
新しいSIPアカウントをタップ

アクロビッツソフトフォンをインストール
ここにアカウント情報を記入していきます。設定情報はカスタマーコントロール画面「設定変更」→「内線管理」各内線の「端末設定情報」にてご確認頂けます。

アクロビッツソフトフォンをインストール
タイトルは任意、ユーザー名・パスワード・ドメインを入力し、次に「高度な設定」をタップ。

アクロビッツソフトフォンをインストール
モバイルデータ用のコーデックをタップ

アクロビッツソフトフォンをインストール
有効化されたコーデックの一覧が出てきます。

アクロビッツソフトフォンをインストール
G.711μ-Lawと、G.711A-Lawだけを残して、その他のコーデックを「無効化されたコーデック」にドラッグ。
左上の「←」をタップして戻る。

アクロビッツソフトフォンをインストール
左上の「←」をタップして戻る。

アクロビッツソフトフォンをインストール
右上の「✓」を押して変更を保存。

アクロビッツソフトフォンをインストール
左上の「←」をタップして戻る。

アクロビッツソフトフォンをインストール
ダイヤル画面の左上、任意の名前の左側の〇が緑色になっていればOK。

Acrobits Softphone(iOS版)をスマホに設定する方法

カテゴリ:アプリ・機器設定

Acrobits Softphone(iOS版)をスマートフォンに設定しよう

クラウドPBX電話サービス-クラコールを利用すれば、03番号や、0120番号・0800番号などのフリーコール番号をスマートフォンでご利用頂けます。このページでは、Acrobits Softphone(iOS版)の設定方法をご紹介します。


APP StoreでAcrobits Softphoneを検索、ダウンロードしてください。

Acrobits Softphoneを起動します。

携帯電話の連絡先と連動する場合は「OK」を、連動しない場合は「許可しない」をタップしてください。

アカウントの設定画面が開きます。設定情報はカスタマーコントロール画面「設定変更」→「内線管理」各内線の「端末設定情報」にてご確認頂けます。

タイトルは「任意の名前(何でも良いです)」を入力。ユーザー名、パスワード、ドメインを入力して「保存」をタップしてください。表示名は空欄でも問題ありません。

次にCodecの設定を行います。

音声通信において設定しなければいけない項目として、コーデック(音声符号化の規格)というものがあります。

Clocallでは、「G711μ-law」というコーデックを優先設定することを推奨しております。「詳細設定」→「Wi-Fi用のコーデック」、および「詳細設定」→「3G用のコーデック」で右図のように設定してください。

利用可能コーデック内で、「G711μ-law」が一番上に設定されていれば問題ありません。


画面下方の「詳細設定」をタップします。

音声コーデック→3G用のコーデックをタップします。

3G用のコーデックの利用可能コーデック一覧の一番上が「Opus」になっています。「Opus」が優先されると、音声の遅延などが生じるケースがあります。

「Opus」を利用不可エリアにドラッグし、「G711μ-law」が優先されるように設定します。
右上の「完了」を押して設定を反映させます。

左上の詳細設定をタップ。

右上の完了をタップ。

「許可」をタップ。

左上の「任意の名前(ご利用ユーザー名)」の部分が緑色の枠で点灯していればご利用可能です。発着信のテストを行ってください。

zoiper_ver2.43(PC版)をWindowsPCに設定する方法

カテゴリ:アプリ・機器設定

Zoiper(PC版 Ver.2.43)をwindowsPCに設定しよう

クラウドPBX電話サービス-クラコールは、PCのソフトフォンでもご利用可能です。今回はzoiper(PC版 Ver.2.43)の設定方法をご紹介します。


zoiper_free_2.43_installer.exeを実行し、セットアップを起動。

「I Agree」をクリック

「Next」をクリック

「Next」をクリック

「Install」をクリック

インストールが終わったら「Next」をクリック

「Finish」をクリック。
Zoiperのショートカットがデスクトップに作成されていると思われます。

zoiperを起動し、右側の「スパナのマーク」をクリック

「Add New SIP Account」をクリック。SIPアカウント名を記入(任意の名前)

SIP account optionsの項目にアカウント情報を記入。設定情報はカスタマーコントロール画面「設定変更」→「内線管理」各内線の「端末設定情報」にてご確認頂けます。

Account name:任意
Domain:接続IP
User name:アカウントID
Password:パスワード
を入力して「OK」をクリック。


下側のAccountの部分が「test(Resisterd)(SIP)」となっていたらレジスト成功です。発着信のテストを行ってください。

Zoiper(iOS版)をスマホに設定する方法

カテゴリ:アプリ・機器設定

Zoiper(iOS版)をスマートフォンに設定しよう

クラウドPBX電話サービス-クラコールを利用すれば、03番号や、0120、0800番号などのフリーコール番号をスマートフォンで発着信できるようになります。今回はzoiper(iOS版)の設定方法をご紹介します。zoiperは無料のSIPアプリで、APP Storeからダウンロードできます。

zoiperにはプッシュ通知機能がついていませんので、着信を取るためにはアプリを常に立ち上げておかなければなりません。
プッシュ通知機能が必要な場合は、Acrobits Softphoneのご利用を推奨いたします。

Acrobits Softphone(iOS版)設定方法はこちら。


アプリをダウンロードしてください。

マイクへのアクセスを許可してください。許可しないと声が相手に届きません。

zoiperの通知を許可してください。

カメラへのアクセスは、ビデオ通話を利用する場合は許可してください。許可しなくても良いです。

スマホの電話帳との連携をします。連携しない場合は許可しなくて良いです。

右下の歯車のマークをタップしてください。

一番上のAccountsをタップしてください。

右上の+マークをタップしてください。

Yesをタップしてください。

Manualconfigurationをタップしてください。

SIP accountをタップしてください。設定情報はカスタマーコントロール画面「設定変更」→「内線管理」各内線の「端末設定情報」にてご確認頂けます。

Account name:任意
Domain:接続IP
User name:アカウントID
Password:パスワード
を入力してください。


一番上に「Resistration Status:OK」と出ればレジスト成功です。
レジストできない場合は、パスワードなどを見直してください。

テスト1001の下に「Ready」と緑色で書かれていたら発着信可能な状態となります。

着信設定


Incoming Callをタップ

Force backgroundをONにする

コーデックの設定


右下の歯車マークをタップ

Accountsをタップ

設定しているアカウントを選択タップ

アカウントの設定画面に入る

↓の方にスライドして、Audio codecsをタップ

Unregisterをタップ

AUIDIO CODECSで、「iLBC20」「iLBC30」「a-law」「μ-law」を有効にする。

電話によるお問い合わせ 03-6161-0011 受付時間:9時~18時(土日祝日を除く)
?