着信設定の詳細設定方法 (※設定しない場合は着信できません)

着信設定では、特定の電話番号にかかってきた着信コールをどの内線ユーザーID(留守番電話用ユーザーID)で着信するか、またはどの時間帯に着信するかを設定することができます。

上図は、
1. 月曜日~土曜日の09:00:00~19:59:59の時間帯には、内線ユーザーID(1001、1002)で着信。
2. 月曜日~土曜日の20:00:00~23:59:59および、日曜日の00:00:00~23:59:59の時間帯には、内線ユーザーID(1002)のみで着信。
3. 月曜日~土曜日の00:00:00~08:59:59の時間帯には、留守番電話ユーザーID(9999)で着信。
するように設定されています。
以下、設定手順をご紹介いたします。

着信設定画面を開いてください。

上図では、月曜日~土曜日の09:00:00~19:59:59の時間帯に、内線ユーザーID(1001、1002)が設定された電話機で着信を受けることができる設定となっております。
月曜日~土曜日の20:00:00~23:59:59および00:00:00~08:59:59、および日曜日の00:00:00~23:59:59の時間帯は、着信設定がされていないため、その時間帯に電話がかかってきても着信コールを取ることができません。
(電話を掛けてきた相手側には、「ツーツーツー」と不通である状態を通知する音が流れます。

上記の問題を解消するためには、

  • 全ての時間で着信が取れるように設定する。
  • 留守番電話を設定する。
  • 時間外ガイダンスを設定する。

などを行う必要があります。

20:00~23:59:59は内線ユーザーID(1002)で着信が取れるようにする。

最初の設定では、夜の20:00:00以降は着信が取れないようになっていましたので、20時以降は「1002」で着信を取れるように設定します。
「1001」は20:00:00までしか電話を受けられませんが、「1002」は23:59:59まで電話を受けられます。

月曜日~金曜日の09:00:00~19:59:59までは「1001」と「1002」の両方で着信。
月曜日~金曜日の20:00:00~23:59:59までは「1002」だけで着信できるようになりました。
この時点では、深夜の00:00:00~朝08:59:59までと、日曜日は着信不能な状態となっています。

日曜日は「1002」だけで着信を取れるようにする。

最初の設定では、日曜日の着信設定がなされていませんでした。日曜日に着信があった時は、内線ユーザーID「1002」が設定された電話機で着信を取れるようにします。

深夜00:00:00~朝08:59:59までは、留守番電話サービスで着信を受けるようにする。

深夜から朝にかけての時間帯は留守番電話で着信を受けられるように設定します。
留守番電話の良いところは、メッセージを録音できることです。録音メッセージが不要の場合は時間外ガイダンスでも対応は可能です。
留守番電話サービスのご利用についてはこちらをご参照下さい。

これで全時間帯で何かしらの電話機・サービスで着信が受けられるようになりました。

着信設定をする時の注意点は、「時間に穴がないように設定する」ことです。
着信設定がなされていない時間帯がある場合、その時間に電話をかけてきた相手には「不通」となってしまいます。
一つの内線ユーザーIDで、全時間帯で着信が受けられるようにしておけば問題はありませんが、細かい着信設定を行う際には、十分に気を付けて頂けますよう宜しくお願い致します。

// If comments are open or we have at least one comment, load up the comment template. if ( comments_open() || get_comments_number() ) : comments_template(); endif; the_post_navigation( array( 'prev_text' => '' . __( 'Previous Post', 'twentyseventeen' ) . ' ' . twentyseventeen_get_svg( array( 'icon' => 'arrow-left' ) ) . '%title', 'next_text' => '' . __( 'Next Post', 'twentyseventeen' ) . ' %title' . twentyseventeen_get_svg( array( 'icon' => 'arrow-right' ) ) . '', ) );