在宅コールセンター業務を手軽にスタート。会社番号をスタッフのスマホで発着信。

在宅ワーカーのスマートフォンで会社の03・0120番号を発着信。手軽に安価に在宅コールセンターを構築できます。

コールセンターをひとつ作ろうと思うと、オフィスを構えて通勤してくれるスタッフを集め、電話回線を引いて電話機を揃えて…と、大変なコストと時間が必要となります。そこで着目されているのが在宅コールセンターです。
スタッフは在宅勤務ですので場所に縛られることなく求人することができますし、会社側はスタッフが勤務するためのオフィスを準備する必要がありません。

在宅コールセンターの電話の仕組み

在宅コールセンターの電話発着信の方法は大きく分けて二種類。

1. 転送電話で在宅ワーカーさんの携帯電話や固定電話で着信を受ける方法。

2. クラウドPBXで在宅ワーカーさんのスマホやSIP電話機で着信を受ける方法。

会社のコールセンターなので携帯電話番号や個人の固定電話番号を受付番号にするわけにはいきません。在宅ワーカーの自宅一軒一軒に会社契約の固定電話回線を引くのは非現実的であるため、上記の2つ方法がとられることが多いです。

△ 転送電話の場合

1.の方法では会社の電話番号にかかってきた問い合わせ電話をボイスワープなどで在宅ワーカーの電話機端末に転送します。この方法なら発信元のお客様の番号を把握することができ、お客様も会社に掛けているのと同じような感覚で通話をすることができます。

転送電話のメリット

電話の音声通信のため比較的音質が安定する。

転送電話のデメリット

着信時にも転送通話料金が発生し、コストがかかります。
会社番号で折り返しかけなおすことができない。(発信時は在宅ワーカーの携帯電話番号などになってしまう)


◎ クラウドPBXの場合

2.のクラウドPBXを利用する方法では、在宅ワーカーのスマートフォンにアプリをインストールすることで会社番号を着信だけでなく発信もできるようになります。また、スマホがない場合もSIP固定電話機を自宅のLANケーブルに接続すれば同様に利用できます。クラコールはこの方式となります。
SIP固定電話機と有線LANケーブルでの接続で通信を行うとより音声品質が安定します。

クラウドPBXのメリット

転送電話ではなくデータ通信を利用して直接アプリで着信するため、転送通話料金が発生せず、通話コストを削減できます。

クラウドPBXのデメリット

データ通信のため、ご利用の環境によっては電話音声通信に比べてやや音質が安定しないことがありますが、携帯キャリアの4G通信であればほぼ問題はありません。SIP固定電話機+有線LANケーブルでの接続であればより高音質で利用できます。

クラウドPBXでの在宅コールセンターは導入コストが安い。

受付電話番号×1番号、100人の在宅ワーカーで発着信ができるように設定する場合の料金を試算してみます。

クラコール初期費用:0円
クラコール月額費用:98,100円/月(ユーザー利用料:980円×100人+電話番号料金:100円×1番号)

在宅ワーカーの持っているスマホに無料アプリをインストールして利用する場合は上記の料金で利用できます。
ご利用料金の詳細はこちら

その他、通話録音やIVR自動音声応答などの機能も充実しており、手軽に高機能な在宅コールセンターを構築できます。
サービス・機能詳細はこちら

// If comments are open or we have at least one comment, load up the comment template. if ( comments_open() || get_comments_number() ) : comments_template(); endif; the_post_navigation( array( 'prev_text' => '' . __( 'Previous Post', 'twentyseventeen' ) . ' ' . twentyseventeen_get_svg( array( 'icon' => 'arrow-left' ) ) . '%title', 'next_text' => '' . __( 'Next Post', 'twentyseventeen' ) . ' %title' . twentyseventeen_get_svg( array( 'icon' => 'arrow-right' ) ) . '', ) );