テレフォニーテックラボ

意外にたくさんある!/ビジネスフォンとクラウドPBXの違い

TELEPHONY TECH LABO
テレフォニーテックラボ

テレフォニーテックラボ

意外にたくさんある!/ビジネスフォンとクラウドPBXの違い


ビジネスフォンとクラウドPBXの違い

※本ページ内の表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。
※ユニバーサルサービス料が電話番号ごとに発生します。

一般的な企業であれば、業務でビジネスフォンを利用しているところが多いでしょう。また、最近はビジネスフォンでおこなえる機能に加え、さらに多彩な機能が利用できるクラウドPBXを導入する企業も増えています。

しかしながら、ビジネスフォンとクラウドPBXの厳密な違いを理解できている人は、まだまだ少ないのが現実です。機能面はもちろん、コストパフォーマンスという観点で見ても両社の違いは明白です。

そのため、ビジネスフォンとクラウドPBXのどちらを利用したほうがメリットが多いのか知っておくべきなのです。

そこで今回は、ビジネスフォンとクラウドPBXの違いについて説明します。

ビジネスフォンとは

「ビジネスフォン」とは、社内に複数ある内線と外線を共有できる、業務用の電話機になります。

ビジネスフォンは、主装置と呼ばれる機器を社内に設置することで、1つの電話回線を複数の電話機で共有できる仕組みです。ビジネスフォンには、以下のような活用用途があります。

  • 社内の電話機を使って、内線機能が実現できる
  • 内線の転送機能が使える
  • 1台の電話機で受けた外線の着信を、複数の電話機と共有できる
  • 通話内容の録音が可能

どれも一般的な企業であれば、当たり前に利用されている機能だと思います。こうした企業における電話機能の当たり前を実現しているのが、ビジネスフォンというサービスなのです。

クラウドPBXとは

「クラウドPBX」とは、簡単に説明すると「PBX」と呼ばれる機器の機能をクラウド上のソフトウェアで実現したサービスになります。

PBXとは電話交換機と呼ばれる機器のことで、ビジネスフォンと同様の機能に加え、スマートフォンを内線・外線として利用できたり、複数拠点を内線でつないだりできるなど、さまざまな機能が利用できるサービスです。ただし、PBXを導入するためには、初期に大掛かりな工事が必要になるなど、若干ハードルが高いことが難点でした。

しかし、クラウドPBXであれば、クラウド上に構築されたPBX機能を利用できますので、インターネット環境さえあればすぐに利用できます。そのため、導入ハードルが非常に低くなるとともに、毎月の使用料金も従来のPBXよりかなり抑えめです。

導入がスムーズで、便利な機能が安価に利用できるクラウドPBXは、現在多くの企業で導入が進んでいます。

ビジネスフォンとクラウドPBXの違い

ビジネスフォンを利用するならクラウドPBX

ビジネスフォンとクラウドPBXの違いは、ここまで紹介したもの以外にもたくさんあるのですが、今回は代表的な違いを紹介します。

機能の違い

クラウドPBXでは、ビジネスフォンの機能はすべて網羅できます。そのため、ビジネスフォンからクラウドPBXに移行した場合でも、特に不自由を感じることはありません。

クラウドPBXであれば、顧客から着信があった際、自動音声で対応して適切なスタッフの内線に自動で接続するといったことも可能です。また、顧客管理システムやSMS(テキストメッセージのサービス)など、さまざまな便利機能を追加できます。

さらに、以下で紹介するような固定電話以外の電話機を有効活用できる点も大きな違いです。

利用できる端末の違い

ビジネスフォンで利用できるのは、基本的に固定電話のみとなります。一方、クラウドPBXは固定電話以外に、携帯電話、スマートフォン、パソコン、IP電話などさまざまな端末が利用可能です。なお、パソコン上では「ソフトフォン」と呼ばれる電話ソフトを使用します。

したがって、クラウドPBXであれば、スマートフォンだけでビジネスフォンの機能を補完できるのです。したがって、従業員同士がどこにいても、内線通話が可能になります。また、テレワークなど自宅で仕事をしているときでも、オフィスと同様に内線や外線を利用できるのです。

導入・設定時の難易度の違い

前述した通り、ビジネスフォンは電話回線や機器設置の工事が必要になるなど、導入ハードルはやや高めです。いっぽう、クラウドPBXはパソコン上からほとんどすべての設定が可能なため、非常にスムーズに導入できます。

また、さまざまな設定もすべてパソコンやスマホを使って、クラウド上で調整できますので、臨機応変に対応可能です。さらに、クラウドPBXであれば国内拠点間の内線環境はもちろん、海外拠点とも内線環境を構築できます。

費用の違い

ビジネスフォンは、導入時の回線および機器工事、電話端末の購入などが必要です。これに加え、毎月のビジネスフォンの利用料金とメンテナンス料金、通話料などが発生します。さらに、故障時には修理費用も必要になるでしょう。

これに対して、クラウドPBXでは、インターネット環境と従業員のスマートフォンがあれば利用しはじめることが可能です。また、毎月発生する費用も、クラウドPBXの利用料金と通話料、インターネット料金だけなのでかなり安価に抑えられます。

したがって、コストパフォーマンスという点においても、クラウドPBXに軍配が上がるというわけです。

ビジネスフォンを利用するならクラウドPBX

今回は、ビジネスフォンとクラウドPBXの違いについて説明しました。クラウドPBXはビジネスフォンの機能を補完しつつ、導入面、コスト面などあらゆる点において優れたサービスです。これからビジネスフォンを導入しようとする場合は、迷わずクラウドPBXにするべきでしょう。

まとめ

これからのビジネスに最適なクラウドPBX。クラコールPBXなら1回線から導入でき、月額基本料金980円から。大規模ビジネスでご利用いただいても最大基本料4,900円。お問い合わせ、ご相談はこちらまでお気軽にどうぞ。
問い合わせフォーム
電話番号03-6161-0011(平日9時から18時)

タイトルとURLをコピーしました