テレフォニーテックラボ

TELEPHONY TECH LABO

テレフォニーテックラボ

テレフォニーテックラボ

クラウドPBXが主流になるまでの歴史
「PBX」とは、「Private Branch eXchanger」の略語で、「構内交換機」という意味です。つまり、企業の内線などで使われる、1つの電話機で受けた電話を複数の内線端末に転送できるようにする機器になります。一般企業では、すでに当たり前の機能といえるでしょう。
意外にたくさんある!/ビジネスフォンとクラウドPBXの違い
一般的な企業であれば、業務でビジネスフォンを利用しているところが多いでしょう。また、最近はビジネスフォンでおこなえる機能に加え、さらに多彩な機能が利用できるクラウドPBXを導入する企業も増えています。
コールセンター機能に必須のクラウドPBXとは
何らかのサービスや商品を提供する企業であれば、コールセンターを運用しているところも多いでしょう。コールセンターはお客様と直接コンタクトを取る重要なタッチポイントです。しかし、コールセンターを立ち上げるためには多くのコストが必要になります。また、コールセンターを運用するためのコストも甚大です。
FMCとクラウドPBXは何が違うの?
クラウドPBXは、社用のスマートフォンや携帯電話を内線化できるサービスです。テレワークの浸透によって、オフィスに従業員が全員集まる機会が少なくなった企業にとっては、クラウドPBXの導入メリットは非常に大きいでしょう。
内線機能が超便利/クラウドPBXの内線機能の利便性と活用事例
従来のPBXを導入している企業は、定期的な機器の入れ替えが必要になります。そのため、最近話題のクラウドPBXへの乗り換えを検討される方も多いのではないでしょうか。クラウドPBXの魅力は、なんといっても便利な内線機能です。クラウドPBXの内線機能を有効活用すれば、さまざまなメリットが受けられるでしょう。
個人事業主にこそおすすめ!クラウドPBXがスモールビジネスにマッチする理由
代表電話や内線の利用を可能にするPBXは、大規模な環境整備や多額の運用コストが必要なため、大企業が導入するものだと思われがちです。しかし、クラウドPBXであれば、導入も簡単で低コストでの運用が実現できます。そのため、個人事業主やスタートアップといった、スモールビジネスにこそクラウドPBXはおすすめです。
働き方改革の必須ツール/クラウドPBXが今必要な理由
近年、政府が推進する働き方改革。新型コロナウイルスの影響も拍車をかけ、企業における働き方改革の推進は待ったなしの状況といえます。そんな中、今注目を集めているのがクラウドPBXです。
どちらか迷っている方は必見/IP PBXとクラウドPBXの違いとは?
社内の電話環境を構築する場合には、PBXの導入を検討されるかと思います。最近は「IP PBX」や「クラウドPBX」が浸透しはじめているため、どちらにするべきか迷っている方も多いでしょう。
SIP trunkingとは?
SIP trunkingとはSIP電話回線を提供するサービスです。SIPトランキングにより、PBX(構内交換機電話システム)がインターネット経由で通話を送受信できるようになります。
【CTIとは?CTIまるっと理解 (図解あり)】
CTIとは、Computer Telephony Integrationの略で、「コンピューター電話統合」とも呼ばれる。コンピューターと電話を統合した技術またはその技術を持ったシステムのことを指す。コンピューターと電話機・PBX(構内交換機)、FAX、モデム等の電話系装置を統合し、コールセンターやサポートセンターの情報機能を効率化させてくれるシステム。
タイトルとURLをコピーしました